内向的な、あまりにも内向的な

内向的な性格な僕の思考

仮面ライダーV3『第6話 「ハンマークラゲ出現! 放て、V3の必殺わざ!!」』

仮面ライダーV3第6話を突っ込んでいきます。

前回、マシンガンスネークを倒したV3の前にハンマークラゲが現れました。

V3はハンマークラゲとそのまま戦闘になりますが、少年の命を救うのが先だと戦闘を中断します。

 

銃弾を浴びたまもるくんは手術をすることになりましたがなんとか一命を取り留めました。

風見志郎はまもるくんの両親のことをつとむちゃんに訪ねますが、まもるさんは両親を亡くしていてお姉さんが親代わりであることを知ります。

 

手術が終わり風見志郎、おやっさん、純子さんがまもるくんのことを見守っていましたがそこへお姉さんが現れます。

 

どうしてこんなことになったのかと取り乱すお姉さん。

まあ普通そうですよね。

なんせ銃弾を浴びてるわけで普通の状況ではありません。

それに銃弾を浴びたことだって信じていない様子のお姉さん。

まあこれも当然の心理状態。

 

そんなお姉さんに風見志郎がさらに信じられない話をしちゃいます。

一応、風見志郎も信じられないかもしれませんがと前置きをしますが悪の組織デストロンの存在やその改造人間がまもるくんに怪我を負わせたことを説明します。

 

それを聞いたお姉さんは自分たちが孤児だから馬鹿にしてるんだと怒っちゃいました。

まあこの反応も当然ですよね。

いきなり悪の組織なんか言われてもねえ。

 

お姉さんはお医者さんに真偽のほどを確かめると言って部屋を出ていきます。

出て行ったお姉さんに話しがあるとお医者さんらしき人が話しかけますがそれはデストロンの怪人ハンマークラゲでした。

お姉さんにつとむちゃんを連れ出すよう指示をするハンマークラゲ。

仕方なくお姉さんも従うため病室に戻りますが、まもるくんが意識を取り戻します。

 

意識を取り戻したまもるくんを見て喜ぶお姉さん。

そしてつとむちゃんはここで風見志郎がまもるくんに輸血をしたことをお姉さんに話します。

デストロンなんて信じてもらえないような話しないでそれを言えばよかったのにと思いましたがヒーローというものはひけらかさないものというヒーロー像が伝わります。

 

簡単に裏切られてしまった。ハンマークラゲは病室を襲います。

そして風見志郎と戦闘になりますがここでの注目ポイントというかつっこみポイントはおやっさんです。

 

おやっさん、滅茶苦茶強いです。デストロンの戦闘員をボコボコにされながらも倒してしかもつとむちゃんをさらった車のバンパーに乗って車でのスタントも行います。

振り回されまくるおやっさん

なんとかしがみついています。

そしておやっさんは発信機を車に装着するという手柄も立てます。

もう滝さん並の活躍です。

きっとおやっさんデストロンとの新しい戦いが始まるということでライダーたちと同じように特訓をしたのでしょう。

 

そしてその発信機を頼りにV3は車を追跡してハンマークラゲと戦闘になります。

ライダーキックが通用しなかったハンマークラゲでしたがV3の新たな必殺ワザ、ライダースクリューキックによって倒されます。

 

仮面ライダーV3『第5話「機関銃を持ったヘビ人間!」』

仮面ライダーV3第5話を突っ込んでいきます。

今回登場の怪人、マシンガンスネークはマシンガンとヘビの合成怪人です。

シンガンスネークは喋り方が可愛い怪人です。

V3に向かって「うるさいV3」なんて口の聞き方をします。

そしてマシンガンスネークは風見志郎がV3に変身する前にマシンガンを撃ち重症を負わせます。

 

変身中に攻撃するなんて一番やっちゃいけないことです。

ただマシンガンスネークは接近戦よりも遠距離からの攻撃が得意なので仕方ないかもしれませんが……。

 

そして今回デストロンが狙ってるのは村山博士が研究をしている原子力に代わる新しいエネルギー理論です。

仮面ライダーシリーズでは度々、原子力に代わる新しいエネルギー理論などが登場しますがこれは日本人にとっては本当に望んでいることなのかもしれません。

 

真面目な話しはここまでにしてマシンガンスネークですがなんと子供にも銃弾を浴びせます。

シンガンスネークによって重症を負った風見志郎は自分の自宅で身体の中に入った銃弾を取り出す手術をしようとします。

おやっさんも駆けつけてくれて手術をしようとする風見志郎ですが、そこへもうひとり現れます。

そう我らがヒロイン玉純子さんです。

わざわざ駆けつけてくれた純子さんに対して風見志郎は相変わらずつれない態度をとり続けます。

それにしても純子さんはとっても健気な女性です。

風見志郎につれない態度をされ続ける純子さんでしたがおやっさんのおかげで手術の助手として参加できました。

それにしてもおやっさん……いつ医師免許を取得したのでしょうか?

 

風見志郎が重症を負っている間マシンガンスネークは村山博士の助手の西崎さんの子供つとむちゃんを狙います。

そのつとむちゃんとお兄さん的な存在のまもるさんがマシンガンスネークに捕まりそうになりますがそこへV3が現れます。

V3との戦闘になるマシンガンスネークでしたが逃げようとする子供にも銃弾を向けます。

大人だろうが子供だろうが関係ありません。

そこがマシンガンスネークの恐ろしいところです。

 

シンガンスネークはV3を自慢のマシンガンで追い詰めますが最後はV3 26の秘密も明らかにされ倒されてしまいます。

 

シンガンスネークを苦戦の中で倒したV3ですが、新たな怪人ハンマークラゲが出現します。

どうするV3というところで今回は終わりになります。

大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺(ばなし)~』第十四話感想

大河ドラマいだてん第十四話の感想です。

今回の話しの見所は①帰ってきた四三くん、②三島くんと天狗クラブの旅立ち、③可児先生ドッチボールの導入でネットに嫌われるの件④美濃部くんの旅立ち、⑤す……スヤさんです。

 

①帰ってきた四三くん

四三くんは無事日本に帰ってきましたが世の中は明治から大正に元号が変わっていました。明治大帝が崩御されたためです。

四三くんが東京に帰って来た時には大喪の礼が済んだばかりで東京はなんだか元気のない様子でした。

そして寄宿舎に戻って四三くんはオリンピックの報告会を行います。

四三くんの頑張りを知っている寄宿舎の面々はとても楽しそうに四三くんの報告会を聞いていましたがそこで一人の女性がなぜ負けたのかとド直球の質問をしました。

四三くんは呆気に取られると共に寄宿舎の面々に誰と訪ねます。

寄宿舎の面々もこの女性が誰か知りません。

そこで永井先生が彼女は私の弟子だと告げました。

そして永井先生のお弟子さんはさらに四三くん食いつきますが寄宿舎の面々が女のクセにと言ってしまいます。

そしてお弟子さんは「たまたま男に生まれただけでボンクラだ」と告げます。

まさに大正デモクラシーの時代を告げるようなシーンです。

そして永井先生スウェーデン式体操に傾斜していき、肋木(学校の体育館に必ずある木のはしごのようなもの)を普及させて日本人の体格を西洋人に近づけていこうとします。

しかしこの肋木ですが、そういうことだったのかと今更ながらその意味や使い方を知ってちょっと感動しています。

 

②可児先生ドッチボールの導入でネットに嫌われるの件

可児先生はドッチボールを日本に紹介したという功績があったそうです。四三くんもこのドッチボールを体感します。

そしてこの可児先生がドッチボールを日本に紹介した人だと知られた瞬間ネットではドッチボールに恨みのある人々のツイートが……。

可児先生、今まで憎めないキャラできていましたがまさかこんなこと嫌われるとは。

 

美濃部くんの旅立ち

このいだてんの感想では美濃部くんの話しはいつもすっとばしていました。本題の流れからどうしても脱線してしまうため、しかし今回はなかなか重要そうなので書いていきます。

見送りにも来てくれないと思っていた美濃部くんでしたがちゃんと弟子の見送りに来てくれたお師匠さん。

そしてお師匠さん役の松尾スズキさんは渾身のビートたけしのギャクをやるというサービスも。

弟子の美濃部くんの旅立ちにお師匠さんは高級タバコを選別として渡してくれました。

 

④三島くんと天狗クラブの旅立ち

三島くんもやっと日本に帰ってきましたそして天狗クラブの面々と久々に会いました。

そして三島くんは久しぶりに野球でもやろうと天狗クラブの面々に話しましたが暗い天狗クラブの面々、もうみんな裸で踊ってる場合じゃないと大人のコメント。

時代は変わったということを感じさせます。

そして野球害毒論なる主張も世の中でされるようになっているということも教えられます。

そんなことが言われていた時代があったなんて知りませんでした。

でもこの後、甲子園が始まるんですよね。(笑)

野球も歴史に翻弄されてきたことがわかります。

 

⑤す……スヤさん

お兄さんからの手紙でとにかく一度、熊本に戻って来るように言われます。

そしてお兄さんは四三くんを玉名の家に連れて行きます。

これから見合いをしてもらうというお兄さん。

一体誰が出て来るのかと思いきや「遥かな旨み〜♪」の綾瀬はるかさん扮する春野スヤさんです。

春野スヤさんは玉名のお家にお嫁に行ったんじゃないの?と疑問が……。

そこでさらに登場人物が大竹しのぶさん扮する玉名のお義母さんです。

そして続きは来週というお義母さんのセリフで終わります。

こういうところがちょっと大河ドラマぽくないところですけど、僕は好きです。

今回はこれで終わりたいと思います。

 

 

 

仮面ライダーV3『第4話 「V3の26の秘密!?」』

燃え盛る火の中絶対舌体絶命という状況の中でV3のダブルタイフーンが3000°の炎の中で回り辛くも棺桶から脱出します。

 

そして今回の最初の突っ込みポイント煙突の上のV3です。

命綱さえもつけてない状態で煙突の上に立つというのはどれほど怖いことか。今だったら絶対にやれないし許可がおりません。

 

場面が変わりテレビバエの催眠光線のせいで記憶喪失状態になってしまったおやっさんは自分が泊まっていたという伊東のかめやというホテルに向います。

 

伊東と言えばはとやだと思っていたのですがかめやというホテルもあるんですね。

本部にいた純子さんはおやっさんが伊東のかめやというホテルに記憶喪失状態でいるという連絡を受けました。

風見志郎とも連絡が取れない中、純子さんは自らホテルかめやに行く決意をします。

出かけようとする純子さんでしたが思わぬ来客が来ます。

それは純子さんの歳の離れた弟シゲルです。

 

純子さんはなぜか弟のことをシゲルくんと呼んでいます。子供のころ再放送を見ていて弟のことをシゲルくんと君付けして呼んでいることにあまり違和感を感じていませんでした。

再放送を見ていたときは純子さんとシゲルくんの関係性がよくわかっていなかったのでしょう。

そんな純子さんおやっさんに会うためホテルかめやに行きましたが案の定、怪人に捕まってしまいます。

「たすけてー」と叫ぶ純子さん。

もうこれは純子さんお約束のシーンになってます。

そして危うくテレビバエの催眠光線の餌食になるというとこでV3が現れます。

絶妙なタイミングです。

 

そしてラストのテレビバエとイカファイヤーとの戦闘ではV3二人の怪人にリンチ紛いの一方的な攻撃を受けます。

というのもおやっさんと純子さんが人質にされてしまい、しかもおやっさんが純子さんを殺して自分も自殺するように暗示を受けているという状況でした。

このような状況でテレビバエとイカファイヤーに手出し出来なくなったV3が二人の怪人からリンチ紛いの攻撃を受けることになるのです。

一方的な攻撃をしているテレビバエとイカファイヤーはとても満足そうにしています。

 

そんな状況の中でV3は一瞬のスキを突くことに賭けます。

そしてテレビバエとイカファイヤーがお互いを見合った瞬間を逃さなかったV3によってライダー遠心キックによって二人とも倒されてしまいます。

仮面ライダーV3『第3話 「死刑台のV3」』

仮面ライダーV3第3話を突っ込んでいきます。

まあまずタイトルですよ。

「死刑台のV3」ど直球なタイトルです。

 

今回の突っ込みポイントはなんと言ってもアメトーークトリビアの泉でも取り上げられたことがある祝いの花事件です。

 

これは何かというと少年ライダー隊本部を破壊されたおやっさんは新しい本部を立ち上げます。

そしてこの本部は一見するとスポーツ店ですが奥に入るとライダー隊本部があります。

しかもペンダントをかざさないと中に入れないという秘密基地仕様です。

 

しかしせっかく建てた本部もそうそうにデストロンにバレてしまっています。

しかも悪の組織らしからぬ律儀っぷり。

 

そして送り主のデストロンはちゃんとどこから送ったかちゃんと住所も教えてくれます。

 

このシーンとても面白いのですが子供のころにV3の再放送をしていたときは残念ながら見れませんでした。

そしてこのライダー隊本部にはある人物がいました。

そう我らが仮面ライダーV3のヒロイン玉純子さんです。

 

風見志郎は純子さんを見てつれない対応。

対する純子さんは志郎さんには迷惑はかけませんと宣言しますがどんどん迷惑をかけていきます。

純子さんみたいな素敵な女性が近くにいたら絶対頑張れると思うのですがそこは仮面ライダーV3風見志郎です。

まさに人間であって人間ではない悲しみを背負った孤高のヒーロ。

 

しかし若干疑問に思うのは少年は大いに活用しようとしているのになんで純子さんにはそんなつれないのかということです。

やっぱり純子さんが気になってるんでしょうね風見志郎は。

 

そして今回の突っ込みポイントのもう一つはテレビバエとイカファイヤーです。

特にイカファイヤー。

ガスボンベを背負って戦いファイヤーと名乗るだけあってちゃんと火も出します。

まあ今みたいにCGではないので全部本物です。

 

V3も背中を燃やされてしまいます。

デストロンになってから怪人は二体になり今のところ一緒に戦ってくれる滝さんみたいな人もいないので一人で戦うV3の苦戦ぶりが目立ってしまっています。

今回のラストシーンはイカファイヤーとテレビバエに追い詰められて棺桶に入れられてしまった風見志郎が棺桶ごと燃やされてしまうのかというところです。

 

次回、第4話でお会いしましょう。

仮面ライダーV3『第2話「ダブルライダーの遺言状」』

仮面ライダーV3第2話を突っ込んでいきます。

ダブルライダーにおやっさんを助け行くよう指示されたV3は少年ライダー隊の本部に向かいます。

 

少年ライダー隊の本部はハサミジャガーの攻撃で地中に埋まってしまいます。

絶体絶命のおやっさんはそれでもライダーが助けに来てくれると希望を失っていません。

 

しかしハサミジャガーはその希望も打ち砕くような映像を見せます。

それはダブルライダーがカメバズーカに苦戦しているところです。

 

なかなかの科学技術です。

 

そんな絶望的な雰囲気の中でV3が助けに来ます。

 

カメバズーカを引き受けたダブルライダー、おやっさんを助けに行ったV3。

 

主役交代という意図が見える気がします。

 

おやっさんを救出して風見志郎の姿に戻りデストロン戦闘員と戦います。そこへ本郷たちも駆けつけて戦闘員と乱闘になりますが不利を悟ったハサミジャガーは戦闘員を引き上げさせます。

 

しかし風見志郎は残った戦闘員を追いかけてアジトの場所を吐かせようとしますが戦闘員はハサミジャガーに殺されてしまいます。

 

ハサミジャガーを追いかけていきますが追いつけずハサミジャガーが去っていた先からケガをしたおじいさんの神父が飛び出してきます。

 

まあ明らかに怪しいです。

そしてそのおじいさん神父をご丁寧に教会まで送り届けますが風見志郎が去ると目が光ました。間違いなくハサミジャガーの人間態です。

 

神父を送り届けた風見志郎は殺された家族の墓へと向かいます。そしてデストロンとの戦いを誓うのです。

 

そこへ純子さんも現れます。

誰にこの墓の存在を聞いたのか手を合わせます。

 

純子さんは風見志郎が何かと戦ってるそして自分もそれを手伝いたいと申し出ます。

 

しかしその申し出に漢、風見志郎はひとつだけお願いがあると言って僕の周りには近づかないでくれとそれがあなたのためでありあなたを巻き込みたくないと断ります。

 

いーやー漢です。風見志郎、とてもカッコいいし改造人間になってしまった孤独感もここに表現されています。

 

風見志郎が去った後、純子さんは人が変わってしまったと呟きましたがそんなに親しかったっけと思わず第1話を見直してしまうところでした。

それとも死んでしまった妹の雪子が言っていたように純子さんのことを実は家族にも隠していて付き合っていたのでしょうか?

 

そして風見志郎からつれない扱いを受けた純子さんは俯き加減に墓場から去って行こうとしますがそこへハサミジャガーが現れ純子さんを捕らえてしまいます。

 

手伝いたいと言った純子さんですが早速簡単に捕まってしまいました。

 

そして純子を囮に風見志郎をおびき寄せると言っていましたが、さっきまで居たんだから追いつけないの?と疑問に感じてしまいます。

 

そして案の定、その必要はないとハサミジャガーの前に現れます。

 

ハサミジャガーとの戦闘をするV3ですがまだ自分の力がどの程度なのか把握しきれていません。

 

その点をハサミジャガーに指摘されます。

 

しかしV3にはダブルライダーと通信出来る機能がありその機能を使ってダブルライダーから戦闘のレクチャーを受けます。

 

徐々にカラダの使い方がわかっていくV3。

そしてハサミジャガーを崖に投げ飛ばします。

 

勝ったと喜ぶV3ですが惑わされるなとダブルライダーから通信が入ります。

そして腰のV3ホッパーを使えと指示されます。

 

V3ホッパーは通信衛星になる優れ物で見事にハサミジャガーが乗っている車を突き止めます。

 

ハリケーンに乗ってハサミジャガーの乗った車を追いかけるV3ですが乗っていた車に追いついたはいいもの誰も乗っていません。

 

そして近くに教会があったのでそこによるとあの時助けた神父さんが……という展開でその神父がハサミジャガーに変身します。

 

風見志郎もV3変身して戦闘に。

今回の一番の見どころはなんといってもダブルライダーとカメバズーカとの戦闘です。

 

カメバズーカは自らのカラダに原爆を仕込んでいて東京でそれを爆発させるという恐ろしい作戦です。

 

しかしハサミジャガーさんがその作戦を暴露してしまったためにV3との通信をしているダブルライダーに聞かれてしまいました。

 

そしてダブルライダーはカメバズーカの居場所に向い戦闘員を倒します。

 

カメバズーカさんはその場にいなかったため戦闘員が倒されていることに気づき声をかけますがなぜか「あれ」と憎めない声を出します。

 

そんなカメバズーカさんですがダブルライダーと戦闘になり一瞬の隙を突いてダブルライダーに捕まります。

 

そしてダブルライダーはそのままカメバズーカさんと一緒に空を飛び近海へ。

 

ダブルライダーと共に近海で大爆発をします。

V3も駆けつけて本郷さーん。一文字さーんと海に向かって呼びかけます。

 

そしてダブルライダーはその呼びかけに対してV3に日本のことを託します。

 

頼りになるダブルライダーがいなくなってこれからV3の本当の戦いが始まるというところでお話は終わります。

 

 

大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺(ばなし)~』第十三話感想

大河ドラマいだてん十三話の感想です。

日射病になって倒れてしまった四三くん。

今回はその真相を検証するようにコースを歩きます。

雨が降ってきたと主張しますがその日は雨は降っていません。

なんだか意識が混濁している様子の四三くん。

そんな四三くんですが自分がどこで道を間違えて倒れてしまったのか分かれ道まで来てやっと鮮明になってきます。

 

どうやら人の家の庭先で倒れてしまった様子。

スウェーデン人の介抱がなかなかすごいですねー。

倒れて意識朦朧の四三くんの口にパンを入れます。

 

そしてすべて思い出した四三くんは汽車の中で悔し涙を流します。

 

翌日、足袋をプレゼントしたポルトガルの選手が四三くんと同じように日射病になって死亡したと三島くんから聞かされます。

 

一方、大森監督はベッドの中で気弱なことばかりを言っています。

そんな大森監督に嘉納治五郎先生は励ましの言葉と大森監督がした仕事が後世につながることを伝えます。

 

死亡してしまったポルトガルの選手を追悼する四三くんや他の国の選手。四三くんも新たな決意をした様子です。

 

そしてオリンピック委員会ではマラソンが存続するかどうかの検討が行われていました。

ポルトガルの委員がマラソン存続願い出てなんとか存続することになります。4年後もマラソンをやろうと。

 

でもこれ歴史を勉強してる人はよく知ってると思いますがこの四年後のオリンピックは開かれません。1912年に行われたストックホルムオリンピック大会から2年後の1914年ヨーロッパで第一次世界大戦が勃発します。

 

そしてこの戦争は1919年にやっと終わります。なのでオリンピックどころではなかったのです。

ちょっと話が脱線してしまいました今回の感想はこれで終わります。